青春と読書 本の数だけ人生がある ─集英社の読書情報誌青春と読書 本の数だけ人生がある ─集英社の読書情報誌

今月の目次

2020年5月号
(No.526)

2020年5月号(No.526)

毎月20日発売 本体83円+税

表紙/456(shigoro)

デザイン/松田行正+杉本聖士+梶原結実+倉橋弘

[特集インタビュー]

伊坂幸太郎

  • インタビュー
    デビュー20年の新境地
    伊坂幸太郎「逆ソクラテス」

    [特集インタビュー]「僕はそうは思わない。」

    伊坂幸太郎さんの新刊『逆ソクラテス』は、全五編すべての主人公が小学生という、初の試みの短編集です。ソクラテスといえば「無知の知」。では、「逆ソクラテス」というと……。
    冒頭の表題作以下、「スロウではない」「非オプティマス」「アンスポーツマンライク」「逆ワシントン」と、いたく想像力を刺激されるタイトルが並んでいます。
    今年デビュー二十年となる伊坂さんにとって、新境地ともいえるこの作品。どのような思いで書かれたのか、伺いました。

目次

特集

伊坂幸太郎『逆ソクラテス』

[インタビュー]

伊坂幸太郎 「僕はそうは思わない。」

インタビュー

湊かなえ
美しくなったら、本当に幸せになれるのか?
小路幸也
人ってずっと自分の居場所を探し続けているんですよね

新連載

口絵Ⅱ~Ⅳ+33~40

スラムダンク奨学生インタビュー① 並里成

今月のエッセイ

藤田直哉
一人の人間に敬意を持ち、作品に対峙すること
田中圭太郎
パラリンピックから見える日本
三浦英之
「目」と「耳」と灼熱の大地と
リシャール・コラス
外国人に、日本人の心は描けるか

本を読む

藤田香織
荻原浩『人生がそんなにも美しいのなら』
くらもちふさこ
たかはしみき『おうちでしあわせ日本全国まるごとおとりよせ便』
高野秀行
北大路公子『いやよいやよも旅のうち』

第五回渡辺淳一文学賞決定発表

連載

口絵Ⅰ+74~81

北尾トロ
猟犬猟師と、いざ山へ。⑧
はるおかりの
九天に鹿を殺す 煋王朝八皇子奇計⑫(最終回)
松永智美
松永智美の「美素食メイスーシー」入門②
谷瑞恵
あかずの扉の鍵貸します②
太田和彦
ペンと盃 酔いどれ文学紀行⑩
浜辺祐一
救命センター 新・ドクターファイル⑪
桑原水菜
荒野は群青に染まりて⑥

バックナンバー

バックナンバーをもっと見る