青春と読書 本の数だけ人生がある ─集英社の読書情報誌青春と読書 本の数だけ人生がある ─集英社の読書情報誌

定期購読のお申し込みは こちら
年間12冊910円(税・送料込み)Webで簡単申し込み

今月の目次

2021年2月号
(No.535)

2021年2月号(No.535)

毎月20日発売 本体83円+税

表紙/456(shigoro)

デザイン/松田行正+杉本聖士+梶原結実+倉橋弘

[今月のエッセイ]

天野純希

  • 天野純希『もろびとの空 三木城合戦記』
    刊行記念エッセイ
    「数字」でしかない人々にも人生があった

    [今月のエッセイ]「数字たち」の物語

     前々から思っていたのですが、僕はどうも「合戦」にロマンを求めることにある種の抵抗を覚えてしまうようです。
     例えば戊辰ぼしん戦争や日露戦争、第二次世界大戦、あるいはイラク戦争などには悲惨なイメージがつきまといますが、一の谷の戦いや関ヶ原合戦では、ロマンや勇壮さ、敢えて言うと、「かっこよさ」ばかりが語られているように感じます。

目次

特集

第1回 高校生のための小説甲子園

第1回 高校生のための小説甲子園 優秀賞作品発表!

[優秀賞作品講評]湊かなえ

[優秀賞作品]志河紫月 常夜の国に近い場所

[対談レポート]「湊かなえ先生が小説の入り口でした」

巻頭インタビュー

冲方 丁
政治的に〝攻めた〟エンターテインメントを

インタビュー

口絵Ⅱ~Ⅳ+49~50

松井玲奈
表面からは見えないところにある、人間の魅力的な部分を書きたい

今月のエッセイ

天野純希
「数字たち」の物語
彩坂美月
五感を巡るミステリー

本を読む

澤田 直
辻 仁成『十年後の恋』

連載

堀本裕樹
才人と俳人 俳句交換句ッ記⑥ ゲスト保坂和志

スラムダンク奨学生インタビュー⑩ 矢代雪次郎

島田明宏
ザ・ブラッドメモリー ~血統の記憶~

口絵Ⅰ+51~59

北尾トロ
猟犬猟師と、いざ山へ。⑰(最終回)
谷 瑞恵
あかずの扉の鍵貸します⑪
竹田津 実
獣医師、アフリカの水をのむ③
松永智美
松永智美の「美素食メイスーシー」入門⑪
浜辺祐一
救命センター 新・ドクターファイル⑱
伊岡 瞬
濁流⑦

バックナンバー

バックナンバーをもっと見る

特設サイト一覧