青春と読書 本の数だけ人生がある ─集英社の読書情報誌青春と読書 本の数だけ人生がある ─集英社の読書情報誌

特集/本文を読む

集英社新書 20周年に寄せて 望月衣塑子

[特集]

集英社新書創刊20周年記念

集英社の〈知の水先案内人〉として、文化、芸術、政治、経済と幅広いジャンルを網羅する集英社新書が、2019年11月、創刊20周年を迎えました。そこで今号では、集英社新書でおなじみの著者の方々にご登場いただき、集英社新書や自身の著作への思いを語っていただきながら、その歴史を振り返ります。

 フェイクや誹謗中傷の発信には残念ながら拡散力があります。一方、その噓を検証し修正を促す発信はそれほど広まらない。このような時代に必要なのは、思想を超えてファクトに立脚して考えることと、〝I〟つまり「個」を確立することだと私は思います。これは私がかかわった二冊の集英社新書からも重ねて考えさせられたことです。
『安倍政治 100のファクトチェック』は、政治家や官僚の発言について朝日新聞の南彰記者と事実関係を確認し、多くの噓があらわになりました。『権力と新聞の大問題』はNYタイムズ元東京支局長マーティン・ファクラー記者との対談で、署名記事を書くことの重要性を改めて教えられました。
 新しいテーマを追い続ける新聞やテレビとは違い、読者に中長期的な視座と材料を提供する。これが新書の力だと思います。今後も疑問や知的関心を持つ多くの読者と共に歩めればと思います。創刊二〇周年おめでとうございます。

望月衣塑子

(もちづき・いそこ)●東京新聞記者

『安倍政治 100のファクトチェック』

南 彰/望月衣塑子 著

発売中・集英社新書

本体840円+税

購入する

  • twitter
  • Facebook
  • LINE

TOPページへ戻る