青春と読書 本の数だけ人生がある ─集英社の読書情報誌青春と読書 本の数だけ人生がある ─集英社の読書情報誌

本を読む/本文を読む

大矢博子 『嫁ぐ日 狸穴まみあなあいあい坂』 諸田玲子 著

[本を読む]

積み重ねてきたからこそ、
たどり着いた“その日”

 前作『心がわり』から約七年。やっと狸穴の面々が帰ってきたぞ! いやあ待ちかねた。本当に待ちかねた。
 かつてとうあらためかたの与力として辣腕を振るっていた祖父・こうもんとともに、麻布の狸穴町で暮らしていた結寿ゆず。シリーズ第一作『狸穴あいあい坂』で八丁堀同心のつまみちさぶろう と知り合い、互いに惹かれ合うように。けれど火盗改方と町方は犬猿の仲。身分も違い、結ばれるはずのないふたりだった……。
 というところから『恋かたみ』、『心がわり』、そして今回の『嫁ぐ日』と巻を重ねてきたわけだが、もしもまだ既刊をお読みでないなら、本稿よりもまず、ぜひ第一巻から順にお読みいただきたい。この四巻めの書評を書くに当たっては、前巻までの内容に触れざるを得ない。だがこのふたりの来し方は、何も知らずに「ふたりはどうなるの?」とどきどきしながら読む方が絶対いいから!
 ……ということで、ここから先は三巻めまでの展開を(大枠だけだが)明かすことになるのでご注意を。
 このシリーズには大きな魅力がふたつある。ひとつは結寿と道三郎を中心とした人間模様の変化だ。
 一巻で惹かれ合い、二巻で互いの気持ちを充分知りながらも別の道を選んだふたり。三巻では旗本の小山田おやまだ家に嫁いだ結寿の日々が綴られ、その最後には小山田家を揺るがす大事件が起きた。
 それを受け、本書の第一話では狸穴に引っ越してきた小山田家の様子が綴られる。だが驚くのはこの先。幕間、と題された小編を挟み、一気に時間が飛ぶのである。ええっ、と思わず声が出た。
 第二話「花の色は」では、前巻のラストで生まれた結寿の娘・香奈かながすでに七歳になっている。道三郎の息子である彦太郎ひこたろうは同心の見習いを始めているし、馴染みのくちいれのやんちゃ息子だった小源太こげんたも成長して道三郎の下働きをしているのだ。うわあ、大きくなって! そして何より結寿の夫の万之助まんのすけが……。
 第一巻から読んでほしいという理由がこれだ。時が経つにつれての変化を味わう楽しみや驚きは格別である。特に結寿の身の上は実に波瀾万丈だから。
 だが、ただ関係の変化を楽しむだけではない。ここに描かれているのは、時代小説だからこそ描ける人の思いだ。
 想う人がいながら家が決めた相手に嫁ぎ、そこで妻としての務めを果たすことを当然と考える─これは現代小説ではなかなか描けない設定だ。だが思い通りにいかないことは現代にも普通にある。そういう時、何を受け入れ、何に抵抗するのか。どう自分と折り合いをつけ、どう前を向くのか。身分や家という現代にはないくびきを与えることで、そのテーマが浮き彫りになるのだ。
 本書で描かれる結寿の決意に、読者は喝采を送ることだろう。それはただ彼女が自分に正直になったというだけではなく、これまで出会った人や経てきた出来事が彼女の中に積み重なり、それが彼女を変えたことが読者にわかるからだ。
 今は思い通りにならずとも、その時その時に正しいと信じた道を、信念を持ってきちんと進んできたのなら、結果はどうであれ人は強くなれる─現代にも通じるテーマである。
 シリーズのもうひとつの魅力は捕物帳としての面白さだ。今回も事件が次々と起きる。香奈がかどわかされたり、幸左衛門の家に居候が増えたり、遊廓で殺人事件が起きたり。同心の道三郎はもちろん、幸左衛門のものである百介ももすけの活躍もあいかわらず。さらに成長した彦太郎や小源太も加わって実に頼もしい。
 個々の事件も実にバラエティ豊か。本格ミステリばりのトリックがあったかと思えば、切ない悲恋の物語もある。ファンタジックな話もあれば、思わず目頭が熱くなる場面もある。
 そしてひとつひとつの事件がその都度登場人物たちに成長や考え方の変化をもたらし、それが本シリーズのひとつめの魅力である人間模様の変化へとつながっていくのだ。出会いや経験が積み重なることで、人は変わる─捕物帳の側面もそのテーマへと収斂しゅうれんするのである。
 その変化のひとつの結果が『嫁ぐ日』である。誰が誰に嫁ぐのかはたっぷり想像していただくとして、このタイトルが意味する、格段に幸せな結末は決して読み逃してはならない。さあ、今からでも遅くないぞ、ぜひ第一巻からこの世界を味わっていただきたい。

大矢博子

おおや・ひろこ●書評家

『嫁ぐ日 狸穴あいあい坂』

諸田玲子 著

3月5日発売・単行本

本体1,700円+税

購入する

諸田玲子 著
「狸穴あいあい坂」シリーズ
好評発売中

火盗改方与力を務めた頑固者の祖父と麻布狸穴町に暮らす結寿。狸穴坂で出会った八丁堀同心の妻木とともに、界隈で起こる不思議な事件の謎を解き明かしていく。やがて恋仲になった二人だが、身分の違いから想いを胸に秘め、結寿は旗本の小山田家へ嫁ぐことに……。

『心がわり 狸穴あいあい坂』

諸田玲子 著

集英社文庫

本体560円+税

購入する

『恋かたみ 狸穴あいあい坂』

諸田玲子 著

集英社文庫

本体570円+税

購入する

『狸穴あいあい坂』

諸田玲子 著

集英社文庫

本体580円+税

購入する

  • twitter
  • Facebook
  • LINE

TOPページへ戻る