青春と読書 本の数だけ人生がある ─集英社の読書情報誌青春と読書 本の数だけ人生がある ─集英社の読書情報誌

定期購読のお申し込みは こちら
年間12冊910円(税・送料込み)Webで簡単申し込み

ご希望の方に見本誌を1冊お届けします

今月の目次

2022年3月号
(No.548)

2022年3月号(No.548)

毎月20日発売 定価91円(税込)

表紙絵&漫画 中村一般

デザイン/松田行正+杉本聖士+梶原結実+倉橋弘+金丸未波

[巻頭インタビュー]

桐野夏生

  • 桐野夏生『燕は戻ってこない』
    インタビュー
    「生殖医療で選択肢が広がった今、女性たちはー」

    [巻頭インタビュー]
    生殖医療で選択肢が広がった今、
    女性たちは――

    北海道での介護職を辞し、憧れの東京で病院事務の仕事につくも、非正規雇用ゆえに困窮を極める二十九歳女性・リキ。心身ともに疲弊する生活の中で、「いい副収入になる」と同僚に卵子提供を勧められ、ためらいながらクリニックに赴くと、代理母になることを持ち掛けられた。

目次

すばる文学賞・小説すばる新人賞 受賞作刊行記念特集

第45回すばる文学賞 永井みみ『ミシンと金魚』

[対談]金原ひとみ×永井みみ

認知症老人の語りが導く
稀有で幸せな小説体験

第34回小説すばる新人賞 永原 皓『コーリング・ユー』

[インタビュー]永原 皓

シャチは謎が多いからこそ、
イマジネーションが膨らんだ

巻頭インタビュー

桐野夏生
生殖医療で選択肢が広がった今、女性たちは──

談話 第166回直木賞受賞

今村翔吾
『塞王の楯』

カラー口絵

Netflix映画「桜のような僕の恋人」

[寄稿]宇山佳佑

今月のエッセイ

岩井三四二
無線機が火花を発していたころ
桑原水菜
少年が荒野に降り立ったとき
野本響子
面白いことになっていた世界の教育

本を読む

杉江松恋
清水裕貴『花盛りの椅子』
吉田大助
友井 羊『放課後レシピで謎解きを』
林 雄司
スズキナオ『「それから」の大阪』

連載

ドリアン助川
動物哲学童話⑫
関口 尚
虹の音色が聞こえたら⑩

口絵Ⅴ+49~51

田村セツコ/小泉晃子 白髪のアリス 絵日記教室⑫(最終回)

堀本裕樹
才人と俳人 俳句交換句ッ記⑲ ゲスト土井善晴
片野ゆか
セカンドキャリア──引退競走馬をめぐる旅③
姫野カオルコ
顔面放談⑥
阿部暁子
カラフル⑧
黒木 亮
イギリス国際金融浪漫⑫
武田砂鉄
父ではありませんが 第三者として考える⑨
竹田津 実
獣医師、アフリカの水をのむ⑯
中村一般
表紙のウラばなし

新刊のお知らせ 106 / 定期購読のご案内・編集後記 112

バックナンバー

バックナンバーをもっと見る

特設サイト一覧