青春と読書 本の数だけ人生がある ─集英社の読書情報誌青春と読書 本の数だけ人生がある ─集英社の読書情報誌

今月の目次

2020年9月号
(No.530)

2020年9月号(No.530)

毎月20日発売 本体83円+税

表紙/456(shigoro)

デザイン/松田行正+杉本聖士+梶原結実+倉橋弘

[今月のエッセイ]

宮本輝

  • 『灯台からの響き』刊行、宮本輝インタビュー
    誰もが、灯台のように光を届ける瞬間ときがある

    [今月のエッセイ]誰もが、灯台のように光を届ける瞬間ときがある

    一年にわたって各地方紙に連載された、宮本輝さんの新聞小説『灯台からの響き』が刊行されます。小説の主人公は、東京・板橋いたばしの商店街で長年一緒に中華そば屋を切り盛りしてきた妻・蘭子らんこに先立たれた六十二歳の男・牧野康平まきのこうへい。生きる気力を失ってしまった男が、ふとしたきっかけで灯台を巡る旅をする中で、自身の人生を振り返り、家族との関係、近所の幼馴染みや友人たちとの関係を見つめ直し、ゆっくりと自分を取り戻していく──初老に差しかかった男の「再生」の物語です。
    物語の発端は、本の間から見つかった亡き妻宛ての古い葉書。葉書に書かれた「灯台」という言葉と、どこかの岬らしい線画の謎が解き明かされていく仕掛けも、読み手を引きつけて離しません。夫の康平さえ知らなかった妻の一面が明らかになる、最後の出雲日御碕いずもひのみさき灯台のシーンは圧巻。康平の心象風景を映し出す各地の灯台は、宮本さん自身が実際に取材で巡った場所で、それぞれ特徴のある灯台の描写も胸に迫ります。この作品に託した思いを宮本さんにお聞きしました。

目次

特集

宮本 輝『灯台からの響き』

[インタビュー]

宮本 輝 誰もが、灯台のように光を届ける瞬間ときがある

インタビュー

朝井まかて
鷗外の末子、愛と苦闘の人生。

口絵Ⅰ~Ⅲ

はるおかりの
過酷な世界だからこそ輝く皇子たちの執念、絢爛たる文化

新連載

堀本裕樹
才人と俳人俳句 交換句ッ記① ゲスト小林聡美

今月のエッセイ

篠 綾子
伝説のヴェールに包まれた美女
戸田 慧
はてしないNeverEndingネバーランド
吉見俊哉
東京を「裏返し」てみたら……

本を読む

大矢博子
西條奈加『心淋うらさびし川』
吉田大助
渡辺 優『悪い姉』
小澤英実
マーガレット・アトウッド『獄中シェイクスピア劇団』
松岡宗嗣
ジョナサン・ヴァン・ネス『どんなわたしも愛してる』
カトリーヌ10世
戸賀敬城『結果を出す男はなぜ「服」にこだわるのか?』

連載

福岡伸一
原点に還る旅・原点から孵る旅②

口絵Ⅳ+33~40

北尾トロ
猟犬猟師と、いざ山へ。⑫
伊岡 瞬
濁流②

スラムダンク奨学生インタビュー⑤ ホール百音アレックス

松永智美
松永智美の「美素食メイスーシー」入門⑥
谷 瑞恵
あかずの扉の鍵貸します⑥
太田和彦
ペンと盃 酔いどれ文学紀行
浜辺祐一
救命センター 新・ドクターファイル⑭
桑原水菜
荒野は群青に染まりて⑩

バックナンバー

バックナンバーをもっと見る

特設サイト一覧