青春と読書 本の数だけ人生がある ─集英社の読書情報誌青春と読書 本の数だけ人生がある ─集英社の読書情報誌

定期購読のお申し込みは こちら
年間12冊910円(税・送料込み)Webで簡単申し込み

ご希望の方に見本誌を1冊お届けします
「青春と読書」2022年8月号(7月20日売)は多くのご注文をいただき在庫切れとなりました。

今月の目次

2022年8月号
(No.553)

2022年8月号(No.553)

毎月20日発売 定価91円(税込)

表紙絵&漫画 中村一般

デザイン/松田行正+杉本聖士+梶原結実+倉橋弘+金丸未波

[特集インタビュー]

梶よう子

  • 「小公子」を日本で初めて翻訳した明治の女性文学者、若松賤子しずこの生涯。
    『空を駆ける』梶よう子さんに聞く。

    [特集インタビュー]自立とは何か、
    そう自問自答しながら書きました

    幼少期に会津戦争を経験し、母と死別したカシは、養子に出されて、一人横浜へ。「フェリス・セミナリー(のちのフェリス女学院)」で寄宿舎生活を始めます。新しい時代の息吹にあふれた場所で恩師となる人と出会い、懸命に英語を学び、友情を育むなかで、己の生きる道を見出していくカシ。

目次

特集

梶よう子
『空を駆ける』
[インタビュー]
梶よう子
自立とは何か、そう自問自答しながら書きました

インタビュー

赤神 諒
小説による町おこしのモデルにしたい
──竹田市とのコラボで生まれた時代ミステリー

新連載

姜尚中
昭和のプロテウス──岸信介の思想と行動①
永井玲衣
問いはかくれている①
泉 サリ
ペン先とトゥシューズ①

カラー口絵

映画「アキラとあきら」&公式ガイドブック

今月のエッセイ

三崎亜記
十九の花、百の双葉

本を読む

末國善己
北方謙三『チンギス紀 十四 萬里ばんり
野崎 歓
保苅瑞穂『ポール・ヴァレリーの遺言』
吉田大助
安田依央『四号警備』
内田 樹
山本忠通/内藤正典『アフガニスタンの教訓 挑戦される国際秩序』
太田昌克
小山美砂『「黒い雨」訴訟』
加藤弘士
髙橋安幸『「名コーチ」は教えない』

連載

堀本裕樹
才人と俳人 俳句交換句ッ記㉔ ゲスト桃山鈴子
ドリアン助川
動物哲学童話⑰
吉見俊哉
長い崩壊の時代21世紀の歴史を書く④
姫野カオルコ
顔面放談⑪
片野ゆか
セカンドキャリア──引退競走馬をめぐる旅⑧
四方田犬彦
わたしの神聖なる女友だち⑤
森まゆみ
聞き書き中谷健太郎③
黒木 亮
イギリス国際金融浪漫⑰
武田砂鉄
父ではありませんが 第三者として考える⑭
中村一般
表紙のウラばなし

新刊のお知らせ 105 /定期購読のご案内・編集後記 112

バックナンバー

バックナンバーをもっと見る

特設サイト一覧