青春と読書 本の数だけ人生がある ─集英社の読書情報誌青春と読書 本の数だけ人生がある ─集英社の読書情報誌

今月の目次

2020年10月号
(No.531)

2020年10月号(No.531)

毎月20日発売 本体83円+税

表紙/456(shigoro)

デザイン/松田行正+杉本聖士+梶原結実+倉橋弘

[今月のエッセイ]

田中啓文

  • 「マグマ大使」のゴア、「人造人間キカイダー」のハカイダーなど悪者好きが高じて!?『さもしい浪人が行く』田中啓文

    [今月のエッセイ]「わるもん」が好き

    こどもの頃から「悪役」が好きだった。「ウルトラマン」でも、主役であるウルトラマンにはなんの興味もなく、ひたすら怪獣にあこがれた。「マグマ大使」のゴア、「仮面の忍者赤影」の甲賀幻妖斎や魔風雷丸、「人造人間キカイダー」のプロフェッサー・ギルやハカイダーなどなど……とにかく「悪者」がかっこよかったのだ。だから、帝都をぶち壊していたゴジラがいつのまにか「正義の味方」になってしまったときには「最低か!」といきどおった。

目次

特集

村山由佳『風よ あらしよ』

口絵Ⅱ~Ⅳ+17~18

[インタビュー]

村山由佳 自由に、動物的に、嵐を求めるように生きられたら

巻頭エッセイ

椎名 誠
ぼんやり生きてきた

対談

斎藤幸平×白井 聡
未来をつくる選択肢は脱成長しかない

第18回 開高健ノンフィクション賞受賞作発表

河野 啓 『デス・ゾーン 栗城史多のエベレスト劇場
[受賞の言葉]山のマグロの謎を追って
[選評]姜尚中/田中優子/藤沢 周/茂木健一郎/森 達也

今月のエッセイ

田中啓文
「わるもん」が好き

本を読む

朝宮運河
中山七里『隣はシリアルキラー』
神田法子
小島 環『泣き娘』
青木千恵
池 寒魚『画鬼と娘』
東えりか
片野ゆか『着物の国のはてな』
岸本葉子
村上祥子『料理家 村上祥子式 78歳のひとり暮らし』

連載

堀本裕樹
才人と俳人 俳句交換句ッ記② ゲスト小林エリカ

口絵Ⅰ+58~65

北尾トロ
猟犬猟師と、いざ山へ。⑬
福岡伸一
原点に還る旅・原点から孵る旅③
伊岡 瞬
濁流③

スラムダンク奨学生インタビュー⑥ 猪狩 渉

松永智美
松永智美の「美素食メイスーシー」入門⑦
谷 瑞恵
あかずの扉の鍵貸します⑦
太田和彦
ペンと盃 酔いどれ文学紀行
浜辺祐一
救命センター 新・ドクターファイル⑮
桑原水菜
荒野は群青に染まりて⑪

バックナンバー

バックナンバーをもっと見る

特設サイト一覧