青春と読書 本の数だけ人生がある ─集英社の読書情報誌青春と読書 本の数だけ人生がある ─集英社の読書情報誌

今月の目次

2020年4月号
(No.525)

2020年4月号(No.525)

毎月20日発売 本体83円+税

表紙/456(shigoro)

デザイン/松田行正+杉本聖士+梶原結実+倉橋弘

[特集対談]

久坂部 羊『怖い患者』
吉村萬壱 × 久坂部 羊

  • “読後感最悪小説集”
    「怖い患者」刊行 久坂部羊×吉村萬壱対談

    [特集対談]ハッピーエンドはとても書けない

    久坂部羊さんの短編集『怖い患者』が刊行されます。
    いくつもの病院を渡り歩く“ドクターショッピング”に走る女性を描いた「天罰あげる」、心地よく利用者に過ごしてほしいと心を砕く介護施設で起きた予期せぬ争い「老人の園」、注射の副作用を疑い始めた女性が一躍時の人となる「注目の的」─。
    現役医師でもある久坂部さんが描く5編の作品はどれも強烈にブラックで、そして、現実と地続きの世界です。
    刊行に当たり、吉村萬壱さんをお招きし、対談していただきました。純文学とエンターテインメントと、活躍の舞台は異なりますが、互いに共通点を感じていたというお二人。それはどんな点なのでしょうか。二人の出会いから、対談は始まりました。

目次

特集

久坂部羊『怖い患者』

[対談]

久坂部羊×吉村萬壱 ハッピーエンドはとても書けない

インタビュー

千早茜
執着と愛着の違いを人に尋ねたい

カラー口絵

『「井上ひさし」を読む 人生を肯定するまなざし(集英社新書)

口絵Ⅰ~Ⅲ [座談会]

平田オリザ×小森陽一×成田龍一 井上ひさしのメッセージ

新連載

谷瑞恵
あかずの扉の鍵貸します①
松永智美
松永智美の「美素食メイスーシー」入門①

『第1回小説甲子園』募集要項

今月のエッセイ

石川宗生
こうしてインドから歌と物語が生まれました
植松三十里
美しい函館の街を舞台に美しい夫婦の物語を書きたい

本を読む

東えりか
北方謙三『チンギス紀 七 虎落もがり
吉田大助
額賀澪『できない男』
生馬直樹『雪と心臓』
細谷正充
浅暮三文『困った死体はねむらない』
小熊英二
今野晴貴『ストライキ2.0』

連載

太田和彦
ペンと盃 酔いどれ文学紀行⑨
桑原水菜
荒野は群青に染まりて⑤
浜辺祐一
救命センター 新・ドクターファイル⑩

口絵Ⅳ+65~72

北尾トロ
猟犬猟師と、いざ山へ。⑦
はるおかりの
九天に鹿を殺す 煋王朝八皇子奇計⑪

バックナンバー

バックナンバーをもっと見る