青春と読書 本の数だけ人生がある ─集英社の読書情報誌青春と読書 本の数だけ人生がある ─集英社の読書情報誌

今月の目次

2020年8月号
(No.529)

2020年8月号(No.529)

毎月20日発売 本体83円+税

表紙/456(shigoro)

デザイン/松田行正+杉本聖士+梶原結実+倉橋弘

[特集インタビュー]

恩田陸

  • 初めての男性一人称で描く
    『スキマワラシ』
    ちょっと不思議で懐かしい世界観とは?
    恩田陸さんインタビュー

    [特集インタビュー]古いものを「転用」する世界が現れる

    スキマワラシ――座敷童子ざしきわらしに似たこの言葉から連想される、ちょっと肌寒く、それでいてどこか懐かしい響きをタイトルに冠したのが、恩田陸さんの新作長篇だ。
    主人公は、古道具屋を営む兄と、兄の仕事を手伝うかたわら、古道具屋の店内でバーを開いている弟。祖父の代からの「纐纈こうけつ工務店」の屋号で活動する二人には秘密があった。弟は古い記憶を持ったモノに触れると、その思念を読みとることができるのだ。それはまれに訪れる制御不能のものだったが、あるとき、古いタイルに触れて現れた幻視が亡き両親に関わるものだと直感する。

目次

特集

恩田 陸『スキマワラシ』

[インタビュー]

恩田 陸 古いものを「転用」する世界が現れる

巻頭エッセイ

北方謙三
草原の中の小説

対談

『たまには世界のどこかでふたりっぷ』

口絵Ⅱ~Ⅳ+33~36

ひとりっP×地曳いく子 旅を、人生を、アップデートしていく

新連載

伊岡 瞬
濁流①
福岡伸一
原点に還る旅・原点から孵る旅①

今月のエッセイ

宮内悠介
『黄色い夜』の旅、二〇〇五‒ 二〇二〇
隈 研吾
ハコを抜け出して、野っ原に戻ろう
矢島 綾
漫画と小説の間
松永多佳倫
人生こそ〝なんくるならない〟

本を読む

牧村朝子
李琴峰『星月夜』
吉野 仁
島田明宏『ノン・サラブレッド』
齋藤 薫
メイ・マスク『72歳、今日が人生最高の日』

連載

口絵Ⅰ+74~81

北尾トロ
猟犬猟師と、いざ山へ。⑪(番外編2)

スラムダンク奨学生インタビュー④ 鍵冨太雅

谷 瑞恵
あかずの扉の鍵貸します⑤
松永智美
松永智美の「美素食メイスーシー」入門⑤
太田和彦
ペンと盃 酔いどれ文学紀行
浜辺祐一
救命センター 新・ドクターファイル⑬
桑原水菜
荒野は群青に染まりて⑨

バックナンバー

バックナンバーをもっと見る