青春と読書 本の数だけ人生がある ─集英社の読書情報誌青春と読書 本の数だけ人生がある ─集英社の読書情報誌

今月の目次

2020年6月号
(No.527)

2020年6月号(No.527)

毎月20日発売 本体83円+税

表紙/456(shigoro)

デザイン/松田行正+杉本聖士+梶原結実+倉橋弘

[巻頭インタビュー]

桜木紫乃

  • インタビュー 桜木紫乃「家族じまい」
    家族はいったいいつまで家族なのだろう

    [巻頭インタビュー]小説の仕事は、
    赦すことだと思うんです

    子育てに一区切りついた智代ともよのもとに、突然かかってきた妹・乃理のりからの電話。
    「ママがね、ぼけちゃったみたいなんだよ」
    新しい商売に手を出しては借金を重ね、家族を振り回してきた横暴な父・猛夫たけおと、そんな夫に苦労しながらも共に歳を重ね、今は記憶を失くしつつある母・サトミ。親の老いに直面して戸惑う姉妹と、さまざまに交差する人々。夫婦、親子、姉妹……家族はいったい、いつまで家族なのだろう。
    桜木紫乃さんの新刊は、北海道を舞台に、家族に正面から向き合った五編からなる連作短編集です。刊行にあたりお話を伺いました。

目次

特集

姜尚中『朝鮮半島と日本の未来』 集英社新書

口絵Ⅱ~Ⅳ+33~40

[インタビュー]

姜尚中 愛憎を超えて、大海原へ漕ぎ出す

巻頭インタビュー

桜木紫乃
小説の仕事は、赦すことだと思うんです

今月のエッセイ

真堂 樹
もっと濃く! より妖しく!

本を読む

逢坂 剛
北野 武『不良』
紫原明子
寺地はるな『水を縫う』
豊﨑由美
山下澄人『月の客』
東えりか
奥田亜希子『愉快な青春が最高の復讐!』
森本浩平
大城立裕『焼け跡の高校教師』

連載

梶よう子
本日も晴天なり⑪

スラムダンク奨学生インタビュー② 酒井達晶

松永智美
松永智美の「美素食メイスーシー」入門③
谷 瑞恵
あかずの扉の鍵貸します③
太田和彦
ペンと盃 酔いどれ文学紀行⑪
桑原水菜
荒野は群青に染まりて⑦

口絵Ⅰ+80~88

北尾トロ
猟犬猟師と、いざ山へ。⑨

バックナンバー

バックナンバーをもっと見る