青春と読書 本の数だけ人生がある ─集英社の読書情報誌青春と読書 本の数だけ人生がある ─集英社の読書情報誌

定期購読のお申し込みは こちら
年間12冊910円(税・送料込み)Webで簡単申し込み

ご希望の方に見本誌を1冊お届けします

本を読む/本文を読む

佐藤雫『さざなみの彼方』を細谷正充さんが読む
「茶々と治長の愛の行方」

[本を読む]

茶々と治長の愛の行方

 第三十二回小説すばる新人賞を受賞した佐藤雫の『言の葉は、残りて』は、鎌倉幕府の三代将軍・源実朝とその妻の信子の人生に託して、夫婦の愛情と言葉の力を描いた、素晴らしい作品であった。そして第二長篇となる本書は、戦国時代を題材にしている。豊臣秀吉の側室になった茶々ちやちや淀殿よどどの)と、彼女に尽くした大野治長おおのはるながの生の軌跡を活写した、やはり素晴らしい作品なのだ。
 波乱の人生を歩んで、秀吉の側室になった茶々は、歴史上の有名人だ。大坂夏の陣で彼女が、息子の秀頼と共に散ったのは、周知の事実であろう。また茶々の乳母子めのとごであり、最期のときまで彼女に仕えた大野治長も、戦国時代の注目すべき人物である。
 秀吉亡き後に豊臣家を継いだ秀頼が、茶々と治長の密通により生まれた子だという噂があるが、作者はこれを巧みにストーリーに織り込む。秀頼だけでなく、その前に生まれて早世した鶴松も茶々と治長の子として、濃密なストーリーを創り上げているのだ。密通や不義の子に対する、迷いや怯えにさいなまれる茶々と治長の心だけでなく、やがて秀吉と正室のねいの想いも見えてくる。息苦しいほどの人間ドラマに圧倒されてしまうのだ。関白秀次とその妻子たちの悲劇を、秀吉の想いと絡ませたところも優れていた。
 さらに作者の小説技法が、随所で光っている。たとえば、茶々と治長が手を携えるシーン。一度目の落城に続き、二度目の落城のときも、茶々は治長に手を引かれる。しかし二度目のとき、治長の手が血で濡れていたことに怯えるのだ。ここから、人は否応なく変わっていくのだという、やりきれない事実が伝わってくるのである。その一方で、治長に変わらぬ友情を抱く真田信繁さなだのぶしげ幸村ゆきむら)の存在が、一服の清涼剤になっていた。
 時代の流れと、権力者の恣意に翻弄された、茶々と治長の愛は切ない。だから夢中になって読んだ。本書は、堂々たる戦国小説であり、嫋々じようじようたる恋愛小説なのである。

細谷正充

ほそや・まさみつ●文芸評論家

『さざなみの彼方かなた

佐藤雫 著

発売中・単行本

定価 1,870円(税込)

購入する

TOPページへ戻る