青春と読書 本の数だけ人生がある ─集英社の読書情報誌青春と読書 本の数だけ人生がある ─集英社の読書情報誌

定期購読のお申し込みは こちら
年間12冊910円(税・送料込み)Webで簡単申し込み

ご希望の方に見本誌を1冊お届けします

本を読む/本文を読む

病理医ヤンデル・市原真が読む、
津川友介『HEALTH RULES 病気のリスクを劇的に下げる健康習慣』
選択の拠り所としての医療本を言祝ことほ

[本を読む]

選択のり所としての医療本を言祝ことほ

 ついに「読める医療本」の時代が来たなあと思う。たいしたものだ。本書は、運動、睡眠、食事などの生活習慣をどのように変えれば、(がん、脳卒中などの)病気になるリスクを減らせるかを、科学的根拠に基づいてまとめた本である。これが「読める」というのはすごいことだ。なぜなら、今までは「読む気がしなかった」からである。
 子どもの頃の原体験がある。自宅の「電話台」に、辞書と見まがうばかりの分厚さの医療本があった。ツルツルとしたカヴァーに、「ご家庭でチェックする医学」のような書名。ところどころ小さなイラストや表が用いられてはいるものの、ペラペラの薄い紙に横書きの二段組みで専門情報が所狭しと詰めこまれていた。なんというか、威圧された。試しに開いてみても、まるで理解できなかった。
 当時はどこの家にもそういった本があった。田舎の祖父母の家にも、友達の家でファミコンをしたガラステーブルの下にも。おしなべて表紙はツルツルとしており、開かれた形跡はなかった。お守りや仏壇と同じで、「手元にあれば安心だが、中を開いても御利益ごりやくはない」というシロモノだったのかもしれない。もちろん、通読したという人にはついぞお目にかかったことがない。
 三十年以上の時を超えて『HEALTH RULES』を開く。「牛肉や豚肉、特に加工肉が具体的にある種のがんのリスクになる」という話はやはり衝撃だ。「睡眠は1.5時間刻み」が迷信だったなんて。サウナが体にいいとおおまじめに語られているくだりでは微笑ほほえんでしまう。気づいたら完読できていた。医療本なのに!
 かつての書籍では、どういう症状が何パーセントの確率で出現するか、みたいな小難しい話ばかりが扱われていた。でも今は、「行動選択の拠り所」になる医学に気軽にアクセスできる。これならツルツルがボロボロになるまで読み込めるだろう。私はもう一冊買って親に送る。自宅には確かまだ電話台がある。

市原 真

いちはら・しん●病理医ヤンデル

HEALTH RULESヘルス・ルールズ 病気のリスクを劇的に下げる健康習慣』

津川友介 著

1月26日発売・単行本

定価 1,650円(税込)

購入する

TOPページへ戻る