青春と読書 本の数だけ人生がある ─集英社の読書情報誌青春と読書 本の数だけ人生がある ─集英社の読書情報誌

定期購読のお申し込みは こちら
年間12冊910円(税・送料込み)Webで簡単申し込み

ご希望の方に見本誌を1冊お届けします

本を読む/本文を読む

生馬直樹『フィッシュボーン』を
ミステリ評論家・三橋曉が読む
「少年たちの終わらない旅」

[本を読む]

少年たちの終わらない旅

 小学四年の夏、日本海を望む港町で陸人りくとわたる匡海まさうみに出会った。陸人は暴力団組長の息子、航に両親はなく、匡海の父親は服役中の殺人犯だった。つらい境遇が結びつけた三人だったが、まだ見ぬ未来に向けて共に人生を歩み始める、アウトサイダーとして。
 生馬直樹の新作『フィッシュボーン』でまず心をうたれるのは、中学生になった彼らが春休みの自転車旅行で大人の世界をのぞき、夢を語り合うくだりだ。しかし瑞々しさに輝く少年時代は、永遠に続くわけではない。海産物の密漁で味をしめ、反社の世界に深入りしていく彼らの人生は、やがて暗転する。
 幼き日の過ちと長い悔恨を描いたデビュー作『夏をなくした少年たち』が物語るように、作者は小説に流れる時間と、その中で移ろいゆく人の心を、鮮やかに描いてみせる名手である。その才は、この四作目でも健在だ。大人になった三人の友情は、悪と正義の分かれ目に危うい状態で立たされる。そんな彼らの少年時代がカットバックの手法でつまびらかにされ、現在と対比されていくのである。
 金目当てに手を染めた令嬢誘拐が彼らの運命を狂わせていくが、さらに事件から五年後、山中で半ば白骨化した男の遺体が見つかる。遺留品から身元を洗う長岡署の柳井は、『偽りのラストパス』の山家刑事にも通じる正義を重んずる捜査官のかがみで、実は犯罪被害で心に傷を負う娘の親でもある。相棒や後輩、鑑識等と連携する、飽くまで組織の一員だが、彼の粘り強さが解決のいとぐちとなっていく。
 不条理な世の中とは“真逆の世界”をめざし、繫がり合うことで理想を求めた三人を、現実は孤独な闘いに追いやる。それでも後戻りできない人生を懸け、前を向こうとする主人公らの姿を、作者は郷愁をこめて見つめ続ける。大胆に仕掛け、一気にミステリとしてのリミッターを振り切ってみせた前作『雪と心臓』に匹敵する衝撃もある。元少年たちの見果てぬ夢の顚末を見届けてほしい。

三橋 曉

みつはし・あきら●ミステリ評論家

『フィッシュボーン』

生馬直樹 著

9月3日発売・単行本

定価 1,870円(税込)

購入する

  • twitter
  • Facebook
  • LINE

TOPページへ戻る