青春と読書 本の数だけ人生がある ─集英社の読書情報誌青春と読書 本の数だけ人生がある ─集英社の読書情報誌

定期購読のお申し込みは こちら
年間12冊910円(税・送料込み)Webで簡単申し込み

ご希望の方に見本誌を1冊お届けします

書評/本文を読む

集英社文庫 ナツイチ2021
松井玲奈『カモフラージュ』を
間室道子(代官山 蔦屋書店 文学コンシェルジュ)が読む

[書評]

間室道子

書ける人

 俳優・松井玲奈さんの作家デビュー作。この人は「書ける人」だと直感した。無から有をなんとかひねり出すのではなく、すでにいくつもの有が体に刺さっており、それを一つ、また一つと抜くことで、物語にできる人。
 不穏さがベースにある男女の官能物語からスプラッタ・ホラー(!)まで収録作はバラエティに富んでいるが、松井さんと同じ年ごろの女性を描いた「ハンドメイド」「いとうちゃん」「拭っても、拭っても」がとくにいいと思った。
 主人公たちは希望どおりの彼氏や夢を手に入れたのに、喜びきれない事態に苦しんでいる。そして得たものを嫌いにならないようにすることが「愛」だと思っている。「私が望んだのだから」と言い聞かせて、ロックのかかった台車を無理矢理押すように人生を進めようとするのだ。ふつうは逃げ出すか戦うかになるけど、これら三作を含め『カモフラージュ』には登場人物たちの思わぬ自己解放やことの始末のつけ方があり、新しさを感じた。
 そして今回文庫化に当たり書き下ろされた「オレンジの片割れ」。主人公・奈津子は小学生の時にすごいものを得た。恋する男女の「この人は運命の人?」という不安にずばり正解を出してくれる奇跡のアイテムだ。でもそれは大人になった彼女を幸せにせず追い詰めて……という松井さんらしい展開が読みどころ。
「(中略)あったら素敵だけどさ、自分で選んで生きたいから。いる場所も、会う人も、全部」という奈津子の親友・洋子の言葉に、書き手自身のこの先を見つめるまなざしと矜持きようじを感じたし、女ふたりのラストシーンがなんとなくエロティックなのもいい。あらかじめ用意された正しさを手放すことで得る、心身の解放のされ方がフレッシュだ。
 ちなみに二作目の小説『累々るいるい』は、「小夜」「パンちゃん」「ユイ」「ちぃ」という若い女性が登場。連作短編集のお手本のような仕掛けを持つ傑作で、本を閉じた後、「本当に書ける人!」と叫びたくなること必至です。

間室道子

まむろ・みちこ●代官山 蔦屋書店 文学コンシェルジュ

『カモフラージュ』

松井玲奈 著

発売中・集英社文庫

定価 660円(税込)

購入する

  • twitter
  • Facebook
  • LINE

TOPページへ戻る